top of page

メロディーを弾くこと

このところピアノ(という楽器)が至近距離に戻ってきてくれているような感覚があり、嬉しいのと同時に、さぁこれからまた前に進もうという気力も維持出来ています。

音の表情を重視できるようになり、明らかに昔の感覚、手ごたえを感じているのは確か。


そんな中、昨夜のTHE DREI@yokohama airegin 、個人的な反省点は諸々あるけれど、

楽しく音楽に集中することができました。


私がメロディーを弾く王道のピアノ・トリオ、メロディーを弾くのは難しい。

普段ホーン奏者にメロディーを任せている曲に関しても、スタンダード曲を勉強していた頃と同じように、メロディーにハーモニーを付けて弾きこむ必要性があることを強く感じます。当たり前のことをついつい忘れ、その忘れていたことを思い出させてくれるのがピアノトリオです。(前にも書いたと思いますが、王道ピアノトリオブランク歴が20年程あります。要するにメロディーを弾く機会がなかったということです。)


今思えば恐ろしい笑


メロディー奏者の後ろでピアノ(あるいはピアノも含むリズムセクション)が何をやるか、これを考えるのも楽しいことではありますが、メロディーを思い通りの表情を付けて弾くこともすごく楽しい。

もちろん思い通りの表情が付けられない時は、その練習が必要なわけです。

練習の甲斐あって段々良くなっていく過程も楽しいものです。

だから生涯練習し続けられるのですが.......


昨夜も、高橋将eb 角田健ds両氏はまるで詩人と画家のようでした。

ピアノの私も、詩人や画家のように、表情豊かな音を奏でたいと今強く思う。


2024.03.15 横浜エアジン演奏曲目

THE DREI

小林洋子pf 高橋将eb 角田健ds


  1. Time Difference

  2. A star to your.......

  3. The Scenery

  4. Kingfisher's Perspective

  5. 雨夜の月


  1. Beethoven walking in the countryside

  2. その儚さ

  3. Jack in the box

encore: 時雨傘Shigure-kasa


all composed by Yoko Kobayashi


encore曲がエアジンyoutubeにアップされました。

よろしかったらお聴きください。

    ↓



閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page