穏やかな


風のない穏やかな日、道を行く人々は柔らかな陽の光の中を急ぎ足で通り抜けていった。

解放感からか深いため息をついてCAFE に入る。

店内で流れるヨーロッパのジャズ風音楽が耳心地良く響く。

周りを見渡すと、この既視感がどこからもたらされるのか、ゆっくりと記憶をたどる。

意識を集中する。

きっとひと昔もふた昔も前のことなのだろう。

今また音楽を楽しめることに感謝。