心の炎


空を見上げれば雲ひとつない青空が広がっていた。

走る電車の中から目に飛び込んでくる外の景色を楽しむ。

何度も何度も見たことのある景色だ。

希望を持って生きていける。そう確信する。

その希望は心の中を温めてくれるささやかな、でも大事な大事な炎だ。

これからやってくる冷たい冬の風を受ければ、簡単に消されてしまうかもしれない。

でももう前に向って歩み出しているのだから......。

大丈夫.....。