奏でること


もし私が水彩画を得手とするならば、

きっと好んで描くであろう淡くたなびく雲が浮かんでいた。

周りの景色や匂いや音は、これからやってくる冬を感じさせる。

耳を澄ます。

やはりそこにあるのは音楽であり、

私自身が心から奏でたい「生きた音」である。

UPされて間もないYou Tubeはロシアの人々まで届き、

投稿されたコメントを友人に訳してもらう。

改めて、今日まで不思議な力を与えられたことに感謝すべきなのだと思う。

たくさんの出来事は風化され、送られてきたのは予想だにしない玉手箱だった。