心の支え


一羽の鳥が細い枝にとまっていた。

風で大きく揺れる枝に余裕でとまっている。

揺れにあわせて微調整を行うことなんか、

たぶん鳥たちにとっては、何てことない当然のことなのだろう。

それに比べ私はというと、

人生の大きな揺れに必死に耐えながら、

余裕もなく、見えない敵と戦ってきた。

そんな中、心の支えとなった人々に感謝。

私の数少ない友人たちや親戚

会わなくともどんなに心強かったことか.....。

そのお陰で今の私があり、

どんな形であれ、また音楽を発信することができたことを、

皆心から喜んでくれた。

あの日、ピアノを弾く力を与えられたことに感謝。