階段


今日は身も軽く、背筋を伸ばして歩く。

やっと長いトンネルの出口に立てたような気がしている。

今まで味わったことのない多くの感情も、

きっと時間とともに緩和されることだろう。

緩和されなければ、緩和の立場もなくなるってものだ。

次のステップへ、よっこらしょっと進む。

よっこらしょっと進むのもなかなかいいものだ。