感想文

最終更新: 2月2日


今日も冷たい一日。

今年は特に冷たく感じられる。

休みを利用して、朝から車の免許更新etc.雑用をこなし、

戻ったのはもう陽も暮れなずむとき。

先月、ジストニアの治療も終わり、

医師に「感想文」を書いて下さいと言われている。

感想文は、現在、音楽家のジストニアと闘っている人たちの

励みになるという。

ある程度の治癒に3年半かかったけれど、治療が終わると

何も書き残すことが思い浮かばない。

苦しかったこと、少し良くなった時期の嬉しかったこと、

一喜一憂しながら長いトンネルの中を歩いてきて、

やっと出口に出たと思ったら、それまでのことを忘れてしまったようである。

さて、どうしたものか.....


23回の閲覧

最新記事

すべて表示

春の便り

「 春ですよ!トンビが大空でのんびりと歌ってます。 小川の水も歌いながら、あふれんばかりに流れています。 春の光の子が、風に乗って水面を滑ってきてます。 ​ 白梅も二分咲き。 道端に小さな青い花が咲き揃い、山は深く青くて…。 ​ 人たちは野に出てきて、これからどこをどうして、そろそろ植えてやろうかな~、なんて。 先ずは肥料まきしながら見回ってます。 ​ 今は青空が冴えて沢山の輝く星座が見えますよ。

増える傘

買い物を済ませ外に出ると、雨が降り出していた。 急に降り出した雨に、まるで「あらま、どうしましょ。」と言っているかのように、 5羽のハトが歩道をウロウロしていた。 ​ 私も「しまった、また一本増える。」と思いながら、傘を買いにUターンする。 ここ数日、心が視線の先にない感じで、気が付くと、日々の雑用にかなりの時間を要している。 おそらく遅ればせながらの風邪をひいたのだろう、こんな時はあれこれ考えず

充実した日々

自分で考え、行動し、様々な問題(一般的にはごく普通のことかもしれない)を少しずつクリアできていること、 こんなことに充実感をいだく昨今です。 今年に入って特に、よくここまで来れたと痛感しています。 ​ これもみな、応援してくれている人たち、心の支えとなってくれている友人のお陰です。 録音を2週間後に控え、穏やかにその時を待っているといった感じで、やはり心も充実しています。 ​ 新年早々、2017年