前進


ほとんど顔も上げず、ただ毎日呼吸をし、一日一日を終えるしかなかった。

自分がどこにいるのかも分からず、正しい方向に向かっているという確信も持てなかった。

私自身で物事を決めることもできず、目にするものは全て、まるで実態のない無意味な背景画のようだった。

それでも昨年後半には、自分で決め、自分の足でホールまで出向き、ピアノを前にし、

指を動かし、音に集中することだけは忘れていなかった。

前にも後ろにも何も見えない中、

私は演奏するんだという気持ちだけは、心のどこかに持ち続けていたということ、

そのための努力は続けてきたこと、よくそんな力があったと不思議に思う。

新しい年を迎え、後は前進あるのみ。

​思いっきり深呼吸をする。