心にあるもの


西日が建物の窓ガラスを照らし、目の奥がちかちかするようだった。いつの間にか日の入りも少し遅くなり、一日も長くなったんだなぁと思ったりする。遠くの空には暗い雲とオレンジ色に染まった雲が、まるで織物の模様のように浮かんでいた。

このところ、外に出ると自然と空に目がいくようになった。静かな一日。カップにコーヒーを注ぐ音までが増幅されたように感じる。​後数分で今日も終わり。日付が変わろうとしている。