春の便り


「 春ですよ!トンビが大空でのんびりと歌ってます。

  小川の水も歌いながら、あふれんばかりに流れています。

  春の光の子が、風に乗って水面を滑ってきてます。

  白梅も二分咲き。

  道端に小さな青い花が咲き揃い、山は深く青くて…。

  人たちは野に出てきて、これからどこをどうして、そろそろ植えてやろうかな~、なんて。

  先ずは肥料まきしながら見回ってます。

今は青空が冴えて沢山の輝く星座が見えますよ。」

これは、私が先週気持ちがダウンしているところにいただいたメールの一部です。

フヮ~っと目の前に光が差し、明日は元気で録音に向かえます。

感謝。