ベヒシュタイン


「スタンウェイ」や「ベーゼンドルファー」は弾く機会はたくさんありますが、

世界三大名器と言われる残りの一つ、「ベヒシュタイン」を弾かせていただいたのは

今日が初めてでした。

しかも1870年頃のピアノも含め、3台のベヒシュタインを弾き比べできる何とも贅沢な一日でした。

当時のベルリンへタイムスリップしたかのような錯覚に.....。

フランツ・リストが活躍していた時代です。

その中で、6本脚のピアノの音色が大変好きで、ほとんどそのピアノの前に座ってましたっけ。

音楽の仕事から離れてもう一年以上経ちますが、その間、

いろんな方のご厚意により、こういう機会を持たせていただいています。

そして復帰できるよう応援してもらっています。

感謝


0回の閲覧