どんだけ雨は降り続けるのだろう。

今日はスタジオを出ると、激しい雨脚の道路を叩く音が耳についた。

知らないうちに目線が下へ下へとさがりはじめて、

昨日スタジオを出たときには確かにあったあの爽快感はどこへやら、

心の中まで、まるでパタンパタンとまるで板が折りたたまれるようだった。

まぁまたいつかは晴れるでしょ。


6回の閲覧