2022.07.12 新宿ポルカドッツ演奏曲目

直ぐそこにある音楽なんだけど、ちょっとでも油断すると、もうそれは遠くに逃げてしまう儚いもののように感じていたその音楽は、 私の心配を他所に、しっかりとそこにありました。


guitarist加藤崇之さんと、お越しいただいた方々、recording engineer五島昭彦さんと、初めてお会い出来たオーナー高木順子さんと、 みんなの気持ちが一つになり、とても良い音楽を放つことが出来た一夜だったように思います。


音楽できることは決して当たり前のことではないことを充分理解している私にとっては、 また改めて音楽できる今がとても幸せだと痛感する昨日でした。 (良い音楽を放つだけではダメな問題も、続けていく以上多々ありますが、気持ちは維持できていますので、きっとシワッシワのおばあちゃんになるまでピアノは弾いてるんだろうなって思います。)

加藤さんの素敵な曲たちに、私の曲3曲を織り混ぜ、アンコールも含めて計12曲をお届けしました。



音楽の先輩方々は、どれだけ月日が流れようとずーっと先輩方々な訳で、いつの時もその経験からくる内に秘める凄みは、ずーっと感じながら演っていくんだと思います。



焼きうどん、美味しかったなぁ。 美味しさに嬉しさがプラスされているというか…….


昨日の音楽と同じだ。 楽しさに嬉しさがプラスされているような。


昨日、同じ時間を共有することができた皆さま、ありがとうございました!


2022.07.12 新宿ポルカドッツ演奏曲目

加藤崇之gt 小林洋子pf


1st.stage

  1. 久しぶりだね(Takayuki Kato)

  2. ペペタン(Takayuki Kato)

  3. Bonne yeah rit.......。(Yoko Kobayashi)

  4. 夏の終わり(Takayuki Kato)

  5. La consolation (Yoko Kobayashi)

2nd.stage


1. 天国への最後の階段(Takayuki Kato)

2. No.13 (Takayuki Kato)

3. A・U・N (Yoko Kobayashi)

4. ルイーズ(Takayuki Kato)

5. 歩こうよ(Takayuki Kato)

6. Coin Factory (Yoko Kobayashi)


encore : ゆめ[For Evans] (Takayuki Kato)


閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示