心が痛む

コロナ、戦争、そしてまた地震.......。


この世に神様はいないのか。

「神様」って言葉はいったい、いつ頃誰が考えたのか、

考え出すと切りがない。


先日の地震では、11年前の、目の前のデッカいピアノを全身で支え、

全身の羽毛が逆立ってピーピー鳴いている文鳥のピーちゃんをなだめ、

東京なのに、もうこの世の終わりかと思うほどの揺れだった311を思い出した。



どうかこれ以上被害が大きくなりませんように。

宮城・福島方面の皆さま、心よりお見舞い申し上げます。


そして天災は避けようがないけれど、避けられるはずの戦争は、人が人を無差別に殺すという許せない行為。


クリント・イーストウッドの言葉を目にする。

氏は確か20歳の時に朝鮮戦争に召集されたと聞いたことがある。

戦場の記憶に苦しむ兵士の姿を描いた映画もたくさんあるけれど、

今の若いロシア兵のこの先の精神状態を想像するだけでも、やりきれない思いでいっぱいになる。

兵士たちも精神を殺されているのと同じだ。



「戦争を美しく語る者を信用するな。彼らは決まって戦場にいなかった者なのだから。

ずっと前から、そして今も、人々は政治家のために殺されている。」

                  クリント・イーストウッド





閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示