top of page

Unit名がSagittariusと決まった日

一昨日は新TRIOで東中野セロニアスにて3度目のLIVEでした。

このTRIOをビシッと引き締めてくれているのはベテランドラマー久米雅之氏。

多くの世界中のミュージシャンとの共演経験とJAZZの百科事典のような知識、drummerでありながら作・編曲も素晴らしく、共演はとても心強いものがあります。


そして若手electric bassist 高橋将氏は、ハーモニーの流れやカウンターライン、ジャズに関してもとても詳しく、私の曲に「ここはこうしても良いですか?」と提案してくれたり、それがいつも「なるほど!」と思えることばかりで、とても頼もしいアイディアマンでもあります。若手のホープです。


お二人は私の拙い曲に、バニラエッセンスのような香りをほんのりと漂わせてくれる、そんな気がしています。



私は曲ができると、曲タイトルの横に出来上がった日付を記しておきますが、先日「翔」という曲を演るとき、MC中に高橋将氏が1995.09.07という表記を見て、「わー僕が生まれてちょうど3年と9か月の時です。」って。



何だか感慨深いなぁ。この曲を作った時、まさか「現在3歳の男の子と、後にこの曲を共演することになりますよ」なんて誰が思います?笑


そんな話からこのTRIOの3人は皆、射手座だということが判明し、決めかねていたUNIT名はステージ中に「Sagittarius」と決まりました。


多くの方に聴いていただきたいTRIOです。

いつか皆様に届きますように♡


2023.01.11 東中野セロニアス演奏曲目

Sagittarius

小林洋子pf 高橋将eb 久米雅之ds


1st.stage

  1. When it falls in drops(雫となって落ちる時)

  2. Full Full Company

  3. In her case

  4. Red and Blue(Masayuki Kume)

  5. Drawn in Sepia ※絵描きの久米さんイメージで作った曲

2nd.stage

  1. It's show time ※将くんイメージで作った曲

  2. Parrish Blue

  3. その儚さ

  4. Blot, blot ,blot

1-4 以外、all composed by Yoko Kobayashi


閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page