これからも


平成最後の夏もそろそろ終わりですね。元号が昭和から平成に変わるとき、「平成」の額縁を揚げ、記者会見場に現れた当時の小渕官房長官がテレビに映し出されたのをはっきりと覚えています。

私は渋谷のYAMAHAのスタジオでデモ用の録音をしていました(piano trio)

30年経った今、多くの音楽的経験をし、おまけに思いもしなかったブランクもあり、多くのことを考えさせられ、少しは成長したと思われます。

肉体的には衰えて当然なのでしょうが、平成30年の今、昭和から平成に変わった時と同じように、気持ちも衰えず、少しずつ前に進んでいること、感謝しています。

感謝?誰に?それは、強く生きることのできるように産んでくれた母でもあり、ただただ呼吸だけをして毎日をやり過ごすことしかなかった数年の間、心の支えとなってくれた友人たちにでもあります。これからも、私らしく、自分らしい道程を歩いていきたい。

時には寄り道したり、つまづくこともあるだろうけれど.....。


30回の閲覧