音楽


大きな環境の変化に対する不安を抱きながら、

一年と数か月が過ぎ、2度目の夏がやってきました。

目に見えない何かが怖くて目覚める朝も少なからず。

昨日と同じ環境が、今日も明日も、そして明後日も、

ずっとずっと続くものだと思っていた頃、

当たり前のことのように音楽に向かっていました。

歯を磨いたり顔を洗ったりするのと同じように.....。

(二足歩行できる以前から、おもちゃのピアノで遊んでました。)

ですが、ここにきてやっと、

より音楽が愛おしいものになった気がしています。

何故なら、在って当たり前のことではないからです。

ですが、より身近に感じ、より無くてはならないものと強く思います。


24回の閲覧