Breathtaking


スペーシーで、瑞々しく、息を呑むような音の広がりのある、

そんな音楽を奏でることができればなぁと思う。

究極の夢はやはりこれだと感じる。

音のつぶを美しい光を放つもので例えれば、

ダイヤモンドではなくやはり真珠の輝き、これに尽きる。

ピアノを弾き始めて既に半世紀を過ぎた今でも、

自分の理想の音楽・ピアノに向かって進む意欲を維持できていることに、

感謝したいと思う。

「やぁ小林、まぁまぁ頑張ってるじゃない」と言いたい気持ちにもなる。

また、気持ちを維持できているからこそ、一日一日を大事に生きていけるのだと思っている。


0回の閲覧